ディズニーパーク内のブロンズ像で歴史を感じよう

Pocket

ディズニーパーク内には様々な像があり、その中でも記念として米国ディズニー社より寄贈されたものがあります。

散策しながら、ディズニーリゾートの歴史を感じてみましょう。

 

スポンサード リンク

 

開園15周年

「パートナーズ像」と呼ばれ、ディズニーランドプラザテラスで見ることができます。

ディズニーランドへ来たことがある方なら、誰もがこのパートナーズ像の前で写真を撮ったのではないしょうか(*^^*)

実は15周年記念としてゲストも参加できるように「スマイルストーン」という記念ブロックが販売されていました。

ここには名前や記念日を刻んでもらうことができ、これらのストーンはピクニックエリアに期間限定で敷き詰められていました。

購入者にはスマイルストーンの証明書も渡されるので、15周年に携わった証拠が残って嬉しいですよね!

 

 

開園20周年

ディズニーランドファンタジーランドで見ることができるこのブロンズ像は、シンデレラ城の裏に設置されているのですぐに気づけますね!

ミッキーは、映画「ファンタジア」の中で演じた魔法使いの弟子の姿をしていますね。

ミッキーの魔法使いの師匠の名前は”Yen Sid”といいます。

反対から読むと…”Disney”!

シンデレラ城の裏に設置された意味もここにあるのでしょうか…思わず深読みしてしまいます(;゚Д゚)

 

スポンサード リンク

 

開園25周年

ディズニーランドワールドバザールで見ることができます。

ミニーと一緒に座っているのは実はウォルト・ディズニーではありません。

ウォルト・ディズニーの兄ロイ・ディズニーなのです。

ウォルトがディズニーの世界をつくりあげ、それを財政面で支えたのがロイです。

二人の兄弟が協力し合ったからこそ、今のディズニーがあるんですね!

ミニーはきっと感謝の気持ちをロイに伝えているのでしょう (*’ω’*)

 

開園30周年

スーツケースを携えたウォルト・ディズニーとミッキーの像です。

ディズニーシーディズニーシー・プラザに設置されています。

今までの像とは違うことが読み取れるでしょうか。

まず、ミッキーの顔は昔のクラシックミッキーですね!

そしてトランクにもたれかかるウォルトは、パートナーズ像のものと比べると若々しく見えます。

さらに、ウォルトの右足の靴裏には”MAECELINE”と刻まれており、これはウォルトが幼少時に過ごした街の名前なのです。

ウォルトがアニメーション製作のためにハリウッドへ行く途中、電車の中でミッキーのデザインを誕生させたという実話をもとに、この像はつくられていると思われます。

生まれ故郷からミッキーと共に新しい世界へ旅立つ…そんなメッセージが込められているようですね(*’ω’*)

 

ブロンズ像の意味を知ればより親しみを感じますね!

お子様とどちらが先に見つけられるかを競争しても楽しめますよ(^^)v

 

スポンサード リンク

 

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ