季節を感じるディズニー・オン・クラシックを楽しもう

Pocket

ディズニー・オン・クラシックは大変人気なことから、もともとは「まほうの夜の音楽会」のみだったコンサートが春と年末年始にも公演され、より楽しめるようになりました!

 

スポンサード リンク

 

「春の音楽祭」

その名の通り春をお祝いするフェスティバル・コンサートで、2015年から登場しました。

2017年は5月25日~6月4日に東急シアターオーブ(東京)にて公演され、地方のディズニーファンからすれば、かなりレア感があります( ;∀;)

内容は「ズートピア」、「モアナと伝説の海」と最新の楽曲が登場する他、懐かしの名曲もたくさん聞くことができますよ!

ズートピアの主題歌「Try Everything」をオーケストラで聞けるので、映画とはまた違った印象を受けることでしょう (*^_^*)

 

「まほうの夜の音楽会」

今年で15年目を迎え、9月~12月頃に公演されます。

全国を巡ってくれるので誰でも聞くチャンスがありますよ。

昨年のメイン演目は「アナと雪の女王」で大盛況でした!

ヴォーカリスト達はいつもキャラクターになりきって歌ってくれるので、ストーリーをリアルに思い浮かべながら鑑賞することができます。

特にオラフ役のジミー・ルイスさんは、本当にオラフのようなひょうきんな動きや表情を見せてくれ、思わず笑顔になってしまう場面もありました!

全て夕方以降の公演なので、ひんやりとした夜空のもとでディズニーの名曲に浸りながら帰路につく幸福感は、何とも言えません!

これぞ大人の音楽会の醍醐味ですね!

 

スポンサード リンク

 

「ジルベスター・コンサート」

昨年よりスタートしたジルベスター・コンサートでは、新しい年の幕開けをディズニー・オン・クラシックで祝うという、なんとも贅沢な年末年始を迎えることができます。

12月30日は「ジルベスターイブ」、そして31日の「ジルベスター」は23:00開演25:30終演というディズニー名曲とともに年越しができるのです!

前回は舞浜アンフィシアターで開催されたので、近郊にお住まいの方はぜひチェックしてみて下さい!

 

編曲、指揮を務めるブラッド・ケリーさんにも注目してください。

心からディズニーが好きで、その気持ちが音楽とともに伝わってきます。

少し日本語を披露してくれる場面もあり、こちらの心をぐっと掴んでくれますよ!

ウォルト・ディズニーはこう言いました。

物語の中に音楽を織り込む

ディズニー作品にとってそれほど音楽が重要だという事ですね!

ウォルトの想いを感じながら、キャラクターやストーリーを見事に引き立てるディズニー音楽を、プロが奏でる声や音でぜひ堪能してください(*’ω’*)

 

スポンサード リンク

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ