TDRとUSJ 年間パスポートの値段(価格・料金)比較 どうしてこんなに違うの?

Pocket

日本の二大テーマパークといったら、関東の「ディズニーリゾート」、関西の「ユニバーサルスタジオジャパン」ですよね。

©Disney

©USJ

 

どちらも毎年新しいアトラクションができたり、ショーが始まったりと何度行っても飽きさせないのが魅力です。

何度も足を運んでいるとふと頭に浮かぶのは、「年間パスポートが欲しい」ということ。

年間パスポートがあれば、毎月でも毎週でもチケット代を気にすることなく行くことができます。

しかしこの年間パスポートの価格が、TDRとUSJで大きく違っているのです。

 

スポンサード リンク

 

USJのほうが圧倒的に安い

大人の料金で比較してみましょう。

TDRの年間パスポートは、ランドかシーどちらかだけの単パスで63,000円、2パークパスは93,000円です。

単パスで9回、2パークパスで13回行けば元が取れる形になります。

 

一方、USJの年間パスポートは22,800円です。

ワンデーパスが7,600円なので、3回でぴったり元が取れる計算になります。

このパスポートにはTDRと違い年間数回の除外日がありますが、除外日のない年間パスポートでも34,000円なので、ディズニーよりも圧倒的に安いです。

その他、USJの年間パスポートには、一緒に行く人のチケット割引などの特典もついてきます。

金額だけ見るとUSJの年パスのほうがお得に思えるため、TDRの年間パスポートがすごく高く見えますよね。

ディズニーが好きだけど値段の違いを見るとためらってしまうという方もいるかもしれません。

しかし、年パスの価格だけでは比べられない部分もあるのです。

 

スポンサード リンク

 

USJはチケット以外のお金がかかる!?

ディズニーには、ファストパスという、人気アトラクションに優先的に乗れる券があります。

アトラクションまで行ってとらなければいけない、一つ取ったら2時間経過しないと次のものがとれない、など制限はありますが、無料で誰でも手に入れることができます。

USJにもFPと同じようなものとして、エクスプレス・パスというものがありますが、こちらは有料です。

乗れるアトラクションの数や種類によって値段は違うのですが、4つのアトラクションに優先的に乗れるスタンダードでも4,500円かかります。

しかし、アトラクションに乗る場合はこれがないと長時間待つことになってしまいます。

そのため、アトラクション目当てで来園する場合には、年間パスだけでなくプラスのお金が必要だということを考える必要がありますね。

 

何が目的で年間パスポートを購入したいのかによっても違いますが、USJと比べて高いからためらっているというのはもったいないと思います。

TDRの年間パスポートを持っていれば、アトラクションもパレードも、好きなだけ楽しむことができますよ♪

 

スポンサード リンク

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ