3世代ディズニーを成功させる3つのポイント

Pocket

ディズニーは公式で「3世代ディズニー」を推しています。

©Disney

親子でディズニーに行くと荷物もお子様も…と親の負担が大きいですよね!

おじいちゃんおばあちゃんもいればお子様を一緒にみてもらうこともできますし、かわいい孫のためについつい財布の紐がゆるむ…というようなうれしい誤算もあるかもしれません(*’ω’*)

そして何より最高の親孝行ができるのではないでしょうか。

「3世代ディズニー」を実施する前に、ぜひしっかり事前準備をしておきましょう!

 

スポンサード リンク

 

TDLとTDSどちらへ行くか

2パーク行く場合は考える必要はないのですが、どちらか一つのパークに行く場合は悩みますよね。

アトラクションではなく、両パークの構造に注目して何を重視するかを考えるといいのではないでしょうか。

シンデレラ城を中心に、放射状に各エリアへとつながる道があるディズニーランドは効率的に移動することができます。

ディズニーシーは入園するとまずメディテレーニアンハーバーというエリアに大きな湾がお出迎えしてくれます。

このおかげで入園してすぐに大回りしなければならず、目的地に直線的に移動することが難しいので非常に疲れやすいです。

水路も多く道も入り組んでいるため迷いやすいことも難点です。

さらにシーは緩やかではありますが坂道や階段も多いので、体力面で心配なご年配の方が歩き続けるには少し厳しい環境かもしれません。

しかし実在する地域をテーマにしているシーは、ご年配の方にとってはランドよりも散策を楽しめる空間となっているともいえます。

 

スポンサード リンク

 

充実したサポート

体力的に心配な…と前述しましたが、ディズニーパークではご年配の方へのサービスも充実しています。

下記の物をレンタルすることができるので安心ですね(*^^*)

 

・車イス…500円

・電動カート…2,000円

・介助用電動車イス…1,000円

 

お食事については両パークとも和食レストランがあり、ランドは「れすとらん北斎」、シーは「レストラン櫻」です。

どちらもプライオリティ・シーティング対象レストランなので、長時間並ぶ必要はありません。

 

 みんなが楽しめるプランを

ご年配の方が一緒であれば、あまり歩き続けるようなプランは避けたいですよね。

小さなお子様連れなら同じく長時間歩くことは難しいので、ちょうどいいのではないでしょうか(#^.^#)

休憩をこまめにはさみ、風景を楽しむアトラクション、シアター系アトラクションを計画に組み込むことをおすすめします。

四季折々の植物が植えられているので、美しく整えられたガーデンを楽しむこともできますよ。

家族みんなでゆっくり、ゆったりとディズニーを感じる時間をたくさんつくりましょう!

いつもと違うディズニーを発見できるかもしれません。

 

スポンサード リンク

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ