子連れディズニー キャラクターグリーティング攻略法

Pocket

お子様にキャラクターと会わせてあげたいのが親心ですよね!

グリーティングのタイプは3つあることをご存知ですか?

 

スポンサード リンク

 

「グリーティング専用施設に並ぶ」、「専用施設ではない屋外に並ぶ」、「ふらりと現れたキャラクターにフリーで駆け寄る」です。

並ぶタイプは順番を待てばいいのですが、フリーでの触れ合いの場合はいかに写真を撮るタイミングをつかめるか、キャラクターに気づいてもらえるかが重要です。

子連れの場合は、いざキャラクターを前にするとお子様が緊張することもしばしばでタイミングを逃すことも多く、また赤ちゃん連れの場合もベビーカーや荷物が気になってうまく輪に入れません。

そんなご家族にグリーティングのコツをお教えします(*’ω’*)

 

他の人の写真を撮ってあげる

写真を撮りましょうか?」は魔法の言葉です!

撮ってもらった側としてはありがたいですし、カメラを返す際に自然と「撮ってもらえますか」とお願いしやすいですよね。

実はキャラクターたちもその一連の行動をしっかり見てくれていて、「おいでよ」と合図をしてくれることも (*^^*)

並ぶことがない状況でいかにみんなが気持ちよく写真が撮れるかを考えれば、この方法が一番ですね!

 

スポンサード リンク

 

キャラクターの視界を読む

キャラクターの視界は非常に狭いです。

双眼鏡をのぞき込むように手をあてるとわかりやすいのですが、キャラクターは諸事情により真横は見えていません。

キャラクター自身もあちこちを見てはくれていますが、横でただ待っているだけでは気づいてもらえないのです。

視界に入る場所をキープしつつ、写真を撮りたい旨をうまくアピールしましょう。

他の方が写真を撮っている間やサインを描いてもらっている間は、もちろんマナーとして静観しましょう。

 

近くにいるキャストに声をかける

特に赤ちゃん連れは荷物が多いのでうまく人混みの中に入っていけません。

そんな時はキャストに写真を撮りたい旨を伝えましょう。

うまく輪に入れずおろおろしていると、逆にキャストから声をかけてくれますよ。

キャストがキャラクターにこっそり伝えてくれます。

これは理由があってキャラクターに近づけない場合のみ有効ですので、多用はしないでください。

 

撮る方も撮られる方もマナーを大切にしたうえで、キャラクターとの

楽しい思い出をお子様につくってあげましょう(#^.^#)

 

スポンサード リンク

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ