ディズニー 暑さ対策をして子連れ夏ディズニーを楽しむ方法!

Pocket

夏のディズニーは体力勝負です。

そんな場所にお子様を連れて行くとなると心配することも多いですよね。

しっかり対策をして夏ディズニーを楽しみましょう(#^^#)

 

スポンサード リンク

 

日中のベストな過ごし方

混雑した園内は大人と比べて目線が低いお子様にとっては視界が大変悪いです。

アトラクションに並ぶ際は大人の足に囲まれるので熱がこもり、息苦しくなります。

暑い屋外に居続けることは小さなお子様にとっては危険なので、待ち時間の少ない屋内アトラクションとファストパスを活用することで暑さから逃げましょう。

ランチは手軽にワゴンやテイクアウトで済ませてしまいたいところですが、レストランで事前予約をして下さい。

レストランを探したり入るために並んだりする間も、お子様の体力は奪われてしまいます。

涼しい場所でしっかり体を休めさせてあげましょう。

元気がありあまっているお子様の場合は、パーク内にいくつかあるクールスポット(と呼ばれるミストシャワーが浴びられる場所)があります。

水を浴びるだけでも大喜び間違いなしです(*^^*)

 

スポンサード リンク

 

夏の便利グッズ

・水にぬらすとひんやりするクールタオル

・お茶や水を凍らせたペットボトル

・帽子

・日焼け止め

・タオル

・うちわ

・ミストファン

 

水分補給はしっかりしましょう。

手持ちがなくなったらすぐに飲み物を買いに行きましょう。

TDLには自動販売機がいくつかあるのですが、パーク内に溶け込んでいるため少々わかりづらくなっています。

「ファンタジーランド」の自動販売機はとてもかわいいので女の子なら思わず指さすのでは!?

「トゥモローランド」にはロボット型の自動販売機があるので、男の子は夢中になることでしょう!

お子様と自動販売機探しをして楽しむこともできますね(*^^*)

真夏のお出かけ必須アイテムはみなさんしっかり準備されると思いますが、ディズニーだからこそ楽しめるアイテムが最後に記述した「ミストファン」です。

ややお値段はお高いですが、夏中使えるアイテムなので価値ある

お子様へおプレゼントになりますよ!

 

夏休みシーズンは避ける

最高気温が年々上昇傾向にあります。

ひと昔と違い、真夏の屋外を甘く見ていると小さなお子様はもちろん大人でも熱中症になります。

夏休みに入ると一気に来場者が増え、お盆シーズン以降は大混雑必至です。

未就学児のお子様を連れて行くのであれば、避けた方がいいでしょう。

 

 まとめ

夏ディズニーはとにかく無理をせず、常に休憩することを考えましょう。

夕方からはもしかしたらぐったり疲れて寝てしまうかもしれませんが(^^;)

それはそれできっと夏のいい思い出になりますね。

 

スポンサード リンク

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ