ディズニーランドの年間パスポートで子どもとの遊び方が変わる!

Pocket

ディズニー好きな人にとっては、あこがれのディズニーランドの年間パスポート。

この魔法のチケットがあれば、気軽にディズニーリゾートへ行くことができます。

入園料金のことを考えると一日にギュッと詰め込みたくなってしまい、慌ただしい中子どもがぐずるとちょっとイライラ…、なんてことになりがちですが、年パスがあればゆったりした気持ちで楽しむことができますよ(^^)

今回は年パス利用者ならではの楽しみ方を紹介します。

 

スポンサード リンク

 

写真をたくさん撮ろう!

ディズニーリゾートにはかわいい写真のとれるフォトロケーションがたくさんあります。

イベントごとの飾りはもちろん、パーク内の草花も一年間でいろいろな表情を見せてくれますよ。

のんびりパーク内を散歩しているとキャラクターにも会いやすくなるので、キャラクターと一緒の写真も撮れますね。

また、特に小さなお子さんの場合一年でも大きく成長するので、毎回同じ場所で撮影すると、成長記録にもなりいい思い出になりますよ♪

 

パーク内の食べ物を制覇しよう!

パーク内にはおいしい食べ物がたくさんあります。

「今日は○○を食べよう」とお子さんと決めて、一年でパーク内のすべての食べ物を制覇してみるのも楽しいですよ!

 

スポンサード リンク

 

パレードを最前列でみよう!

年パスを持ってない場合、できるだけ効率よく楽しもうとするあまり、パレード待ちの時間がどうしてももったいないって思っちゃいますよね?

待っている時間がもったいないので、それよりも子どもに一つでも多くのアトラクションを乗せてあげようと考えてしまいがちです。

でも、年パスがあれば今日はパレードの日と決めて、ゆったりご飯を食べながらパレードの場所取りをすることもできます。

同じパレードでも止まるフロートのキャラクターによって演出も違うので、お子さんのお気に入りのキャラクターの近くがいいですよね。

パレードルートにいるキャストさんに聞くと、どの辺に何のフロートが止まるのか教えてくれるので、ぜひ聞いてくださいね。

最前列にいるとパレード中にキャラクターからアクションしてもらいやすくなりますよ!

 

乗り物以外の遊び場でも遊ぼう!

パーク内には、並んで乗る乗り物以外にも子どもたちが遊ぶことができる場所があります。

ランドではトゥーンタウン、シーではマーメイドラグーンやタワーオブテラー前の噴水エリアなどです。

ついつい乗り物に目が行きがちで、お子さんが遊びたいといっても「次いくよ~」とせかしてしまいがちですが、年パスであればそんなこともなくのんびり遊ばせてあげることができます。

乗り物も楽しいけれど、子ども達はのびのび遊びまわれる場所も大好きですよね!

 

まとめ

年パスのメリットは、なんといってもゆったりとパークを楽しむことができるということです。

せっかくのディズニーなのにお子さんをせかしたり、焦らせたりしたくないですよね。

「今日は○○を楽しむ日」とテーマを決めてお子さんと計画を立てるのはとても楽しいですよ♪

 

スポンサード リンク

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ