ディズニーリゾート疲れないで一日を元気で過ごす4つの方法

Pocket

1DAYパスポートでパークに入るときってできるだけ充実した1日にしたいと誰もが思うと思います。

アトラクションにも乗りたい、ショーやパレードも見たい、買い物もしたい…

できるだけ待ち時間が少ないほうがいいし疲れずに閉園まで遊びたいですよね。

独身時代~結婚~妊娠~子連れのシチュエーションで遊びに行った私が感じたパークで充実した1日を過ごすためのポイントを書いていきたいと思います。

 

スポンサード リンク

 

履いていく靴を選ぶ

ハイヒールはNG!おろしたても要注意!

デートだからと気合入れてハイヒール履きたくなりますよね。

絶対におすすめしません。
パークの中は意外と広くかなり歩きます。

特にディズニーシーは石畳や階段が多く足に負担がかかるんです。

待ち時間も基本立ちっぱなしなのでヒールはかなりつらいはず…

ヒールのないパンプスか思い切ってスニーカーにしましょう。

また、気合入れておろしたての靴を履くのも危険です。

高確率で靴擦れします。

足が痛くてディズニーどころではなくなってしまうので履き慣れた靴にするか前もって履きならしておきましょう。

 

ランチ、ショッピングの時間をずらす

12時にランチ、帰り際にショッピングの概念を捨てよう!

そろそろお昼だからご飯でも…とレストランを回ると長蛇の列。

荷物になるから帰りに…とショップをのぞくと人!人!人!

考えることはみんな一緒なんです。

なので時間をずらせばスムーズにランチやショッピングを楽しめます。

宿泊してからパークに入る人はホテルの朝食バイキングでしっかり食べてお昼を遅めにとるといいでしょう。

直営のホテルに宿泊していて15分早く入れる人は朝を軽めに済ませお昼を早めにとるのがいいと思います。

意外と時間をずらすだけで人ごみは回避できますよ。

買い物もパークに入ってカチューシャ等を買う時に一緒に買い物を済ませましょう。

ファストパスを取りたい人は買い物しない人にパスポートを預け取ってきてもらいましょう。

お父さんがくたくたなのはこのせいかもしれません笑

買ったものはパーク内のコインロッカーに預けるのがおすすめです。

ロッカーに預けるお金がもったいない…という人は商品のタグを見て買い物をしましょう。

なぜかというとタグには3種類あり、
「Tokyo Disney Land」「Tokyo Disney Sea」「Tokyo Disney Resort」とそれぞれ書いてあります。

1つめはランド限定の商品に、2つ目はシー限定の商品に書かれています。

3つ目の「Tokyo Disney Resort」は両パークはもちろんボンヴォヤージュや近隣ホテルでも購入できる商品なんです。

なので、パーク内でしか買えないものを優先しましょう。

帰りにボンヴォヤージュで買い足すほうがレジも比較的スムーズです。

ホテルに宿泊予定ならホテルで買うほうがもっと人が少ないので快適でしょう。

ぜひタグを見ながらお買い物してください。

 

スポンサード リンク

 

ショーとパレードの時間をチェックする

ショーとパレードの時間を把握しよう!

ショーメインで回りたい場合はもちろんですがアトラクション重視で回る場合もショー・パレードの時間は把握しておきましょう。

特にランドではパレードの最中は道が規制されてしまいます。

道を渡りたくてもフロートが通過するまで待たされます。引き返そうにも人がどんどん押し寄せて戻れないこともしばしば…

入場時にもらえる「TODAY」にその日の予定とパレードの通過ルートが書かれているので見ておきましょう。

パレードやショーの時間帯は若干ですがスタンバイの時間が短くなるのでどうしても乗りたいアトラクションやいつも混んでいるアトラクション(トイストーリー・マニア!やプーさんのハニーハント等)に並ぶといいかもしれません。

逆にショーやパレードを中心に楽しみたい人は始まる2~3時間前からスタンばっているのは日常の風景なのでそのつもりで準備しましょう。

特定のキャラクターが好きな人はキャストに聞くとフロートの停止位置や船から降りてくるキャラクターを教えてもらえるので事前にリサーチしてみましょう。

 

やりたいことの優先順位を決める

やりたいことを話し合おう!

お子さん連れで「次はあれ!」と次々にやりたいことが出てくるケースは別ですが、だいたいカップルや友達と行くと「次どーする?」問題がでてきます。

大人だけで行くと意外と時間を持て余してしまうんですよね。

そこでどうするか決まるまでパークをふらふらしてると肉体的にも疲れますし決まらないことへのイライラもでてきます。

朝からこれに乗って、あれを買ってと決めているとできなかった時の残念な気持ちが残ってしまうので目先のことを少しづつ決めましょう。

アトラクションやショーを待っているときでも、ご飯食べ終わって一息ついてるときでもいいので何がしたいか話し合いましょう。

目的もなくふらふら歩いてると何となく時間がもったいないような気持ちになりますし、カップルなら目的が決まらず喧嘩になるケースも。

「新しいフレーバーのポップコーンが食べたい」でもいいですし、「名前入りのお揃いグッズを作りたい」でもなんでもいいのでその場から移動する目的をつくりましょう。

それだけでやりたいことができて充実していたと感じられるのです。

 

以上4つのポイントを挙げて解説してみましたがいかがでしょうか?

このほかにも夜は夏でも肌寒くなることがあるので多少荷物になっても羽織ものは持って行ったほうがいいでしょう。

その後体調を崩してしまっては元も子もありません。

つぎにパークに行くときに参考にしてみてください。

素敵な1日になりますように…!

 

スポンサード リンク

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ