親子で楽しむディズニー映画「塔の上のラプンツェル」

Pocket

「塔の上のラプンツェル」は、コンピューターアニメーションで作成されたディズニープリンセス初の映画です。

 

元気ハツラツで感情が豊かなラプンツェルには、お子様も感情移入しやすいでしょう(*^^*)

魔法で光る髪や髪をとかす姿は、女の子にはたまらないはずです。

 

スポンサード リンク

 

劇中歌が多く、序盤でラプンツェルが歌う「自由への扉」は自由に憧れる気持ちが見事に表現されています。

得に無数のランタンが空に舞うシーンはこの作品の一番の見どころで、

美しい映像に思わずうっとりするのではないでしょうか。

 

今までにないアクション派プリンセス

長い髪は滑らかで丁寧に表現されており、ラプンツェルが自在に操る姿に女の子なら惹きつけられますよね。

中盤では城の衛兵やスタビントン兄弟たちに追われ、岩山で長い髪の毛を利用して大ジャンプする…まるでアクション映画です!

男女問わず楽しめるプリンセス映画を製作するというスタッフたちの思いが込められているそうですよ。

フライパンを武器にもつ姿も斬新で、女の子は真似したくなってしまうかもしれませんね。

 

スポンサード リンク

 

育ての親として見るゴーテル

ラプンツェルとゴーテルは本当の親子ではありませんでしたが、18年間家族として一緒に暮らし、長い時間を共にしてきました。

ラプンツェルの好きな食べ物を意識しているシーンもあり、愛していないわけではないと思います。

しかし愛をもって育てたというよりは洗脳に近いです。

劇中歌「お母さまはあなたの味方」で、完全に自分の支配下におこうとしていることがわかりますよね。

親にとって子どもは大切な宝ですが、自分の所有物ではありません。

ゴーテルとは全く異なりますが、育児の現場も紙一重なところがあると思います。

子どもを守ることと過保護の線引きができないまま、いつしか親のエゴでとんでもない方向に行かないよう、子どもを一人の人間として対等に接することを忘れてはならないとこの作品から考えさせられます。

お子様目線と親目線ではやや違う作品となるでしょう。

 

ディズニープリンス史上最高のイケメン「ユージーン」もこの作品の見どころのひとつです。

実際にディズニーランドで会えるユージーンはさらにたまらなくハンサムですよ!

ぜひお子様と作品をご覧になってから探しに行ってみてください(^^)v

 

スポンサード リンク

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ