ディズニー映画 疲れた時に癒されるおすすめの作品

Pocket

ディズニー作品はいつ見ても素晴らしいけれど、日々の生活に追われて疲れたり落ち込んだりする時にこそ見ていただきたいです。

癒されたり元気になれたり、そんなサプリメントのようなディズニー映画……数多くある作品の中でも特にオススメなものを紹介していきたいと思います。

 

スポンサード リンク

 

動物ものは鉄板!

疲れた時に可愛い動物を見ると癒されること間違いなしですよね。

ミッキーを筆頭にディズニーには多くの動物が出てきますし、その愛らしさに気持ちがほんわかしてしまいます。

 

その中でも特にオススメなのは『わんわん物語』

言わずと知れた名作ですが、冒頭のレディが特にキュート!

トランプや他の犬、動物達とのやりとりも楽しく、音楽も心地よいので何度見ても飽きません。

 

プリンセスシリーズも王道!

いくつになっても「お姫様」には憧れるものですよね。

憧れのプリンセス、それぞれ魅力的で誰が1番なのかは人によりますが、王道な2つの作品をピックアップさせていただきます。

 

プリンセスと言えばコレ!『シンデレラ』
「シンデレラストーリー」という言葉があるくらい王道中の王道ですね。

信じていれば夢は叶うものと歌うシンデレラが魔法によって王子様と幸せになる…今は辛くてもそれはいつか報われると思えるような作品なのではないかなと思います。

 

新しいプリンセスストーリー!『魔法にかけられて』

おとぎ話の世界から現実世界へ、2つの世界を知ったジゼルが導き出した結論に改めて昔のプリンセスのように待っているだけではなく、自ら行動する大切さを感じさせられます。

 

 

今までのディズニープリンセスの要素を盛り込んであるので見るたびに「あ、このシーンはあれの…」なんて発見もあり、プリンセスシリーズが好きな方は特に必見です。

 

スポンサード リンク

 

少しマイナーだけれど…

これまでは多くの人が知っている作品をオススメしてきましたが次の2つの作品は知らない方は知らない、けれど是非とも見ていただきたい作品です。

 

まずはコレ!『ポカホンタス』

知っている方からすればそんなにマイナーな気もしないですが、認知度は低めのようです。

第68回アカデミー賞にて最優秀オリジナル作曲賞、最優秀オリジナル主題歌賞を受賞しており、作中の音楽が素晴らしいのはもちろん、映像もストーリーにも注目していただきたいです。

主人公のポカホンタスの生き方、人や自然を愛し慈しむ気持ちの大切さが作中に溢れており、見ていて自分もまた頑張ろうと思えます。

 

童心に戻れる作品、『ジャイアントピーチ』

ティム・バートンさんを好きな方ならご存知かもしれませんが、製作に携わっていますので作中に少しだけ『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』のジャック・スケリントンが登場します。

原作はロアルド・ダールさんの『おばけ桃の冒険』という児童文学で、主人公の少年ジェームスと仲間の6匹の虫たちの夢と友情の物語です。

実写とストップモーションで紡がれる映像は摩訶不思議だけれど絵本を読んでいた子どもの頃を思い出し、「そういえば小さい頃はこんな風だったなあ…」なんて懐かしくなるかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。

不朽の名作から少しマイナーなもの、どれか1つでも貴方にとってのサプリ的な映画であれば幸いです。

紹介させていただいた作品以外にも多くの素晴らしい作品があるディズニー…時にはその世界に浸って素敵な日々を過ごしていきましょう。

 

スポンサード リンク

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ