ディズニー おすすめのアトモスフィアと内容、場所

Pocket

何度行っても飽きないディズニーリゾート。

たくさんの楽しみ方があり、1日ではすべてを回りきることができないような設計になっているので「また行きたい!(^▽^)/」と思ってしまいます。

 

ところで、アトモスフィアという言葉をご存知ですか?

 

スポンサード リンク

 

路上で行われる小さなショーのことです。

パーク内でたまにみかける、人だかりの中央で楽器を演奏しているキャストがそうです。

 

実はあれ、時間も場所も事前には公表しておらず、出会えた人はラッキーなショーなんですヽ(‘ ∇‘ )ノ

 

楽器を演奏するものが多く、どこからともなくやってきて演奏しあっという間に解散してしまうのでたまたま居合わせた近くの人のみが見られるんです。

 

どんなショーをしているのか気になりませんか?

20近くある中のいくつかご紹介します。

 

まずはディズニーランド

 

その名も東京ディズニーランドバンド

赤と白の衣装をきたキャストが定番のディズニーソングをブラスバンドで演奏します。

プロから見ても技術はかなり高いといわれているので見る価値はありそうです。

出現するエリアはワールドバザール、エントランス、プラザテラス周辺で、約20分のショーです。

 

同じくブラスバンドのショーであるパイレーツ・ブラス

その名の通り海賊たちが陽気に演奏してくれます。

 

そしてなんと!ジャック・スパロウが飛び入りで参加することもあるらしいのです!

ジャック船長の飛び入りはかなりレアですね…見られた人はラッキーです。

出現するのはカリブの海賊があるアドベンチャーランド内 カフェオーリンズ周辺です。

 

スポンサード リンク

 

続いてはブレイクビート・ダンサーズ

 

清掃キャストのカストーディアルやゲストの誘導を行うゲストコントロールの制服を着たキャストが突然ダンスを始めるショーです。

 

こちらはなんと出現する場所はパーク全体!

どこにでも現れるとのことΣ(・ω・ノ)ノ

 

どうやら道のど真ん中に不自然におかれた清掃用のゴミ箱が目印なんだとか。

キレッキレのダンスを間近で見られる人気のショーです。

 

ではディズニーシーにはどんなアトモスフィアがあるんでしょうか?

 

まずは東京ディズニーシー・マリタイムバンドをご紹介します。

ランド同様ブラスバンドは人気で、なかでもこちらのショーは真っ白の衣装でシーらしい異国情緒ただよう演奏をしてくれます。

 

出現エリアはエントランス周辺なのでパークインで いきなり出会えたら一気にシーの世界観に引き込まれてしまいますね(*^▽^*)

 

最後にアトモスフィアの中でも1位2位の人気を誇るファン・カストーディアルをご紹介します。

 

©Disney

 

カストーディアルに扮したキャストがゲストを巻き込み楽しいパフォーマンスとします。

最大の魅力はやはりゲスト参加型であることです(*’ー’*)

 

たくさんの音を使い大人から子供まで楽しめるショーとなってます。

パターンがいくつもあり何度出会っても違うものが見られるのも人気の理由の一つだと思います。

 

いかがでしたか?

このほかにもハロウィーンなど季節のイベント限定で行われるアトモスフィアもあるので行くたびに楽しむことができます。

 

楽しみして行ったのに出会えなかったらショック…という方はランドのメインストリートハウスでたずねると少しだけ教えてくれるという情報もあるので ぜひ利用してみてください。

 

パークに行った際は神出鬼没なアトモスフィアをぜひ探してみてください(*’-‘)ノ

 

スポンサード リンク

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ